2005年09月15日

Victor <快録LUPIN> DR-MV1 VHSビデオ一体型DVDビデオレコーダーについてのブログです。



Victor <快録LUPIN> DR-MV1 VHSビデオ一体型DVDビデオレコーダー

参考価格:
価格:
ユーズド価格:¥35,000
人気RANK:9,291
リリース:2003/12/02
カテゴリ:Electronics
※注意:商品価格には変動があります。


商品について
VHS⇔DVD双方向ダビングが簡単にできる「簡単まるごとダビング」機能
   録り貯めたVHSテープからDVD、DVDからVHSへの双方向ダビングがワンタッチでできる「簡単まるごとダビング」機能を搭載。VHSからDVDへのダビング時には、「デジタルワイドTBC」&「フレームシンクロナイザー」により、テープ特有のジッター(画面の揺れ)を抑え高画質ダビングを実現する。

見たい番組が重なってもVHSとDVDに2番組同時録画できる地上波Wチューナー(アナログ)搭載

安心のDVDマルチドライブ搭載
   DVD-RAM、DVD-RW(VR、ビデオの2つのモードに対応)、DVD-Rへの録画再生に対応。ユーザーの使用用途をさらに拡げる。
   ※カートリッジタイプのDVD-RAMディスクには対応していません。カートリッジタイプをご使用の場合はTYPE2かTYPE4でディスクを取り出してご使用下さい。

ビクター独自の「スーパーMPEG-2プリプロセッサー」により、高画�! ソ記録再生を実現(DVD部)
  • 「デジタルワイドTBC」&「フレームシンクロナイザー」
       ビデオテープなどのジッター(画面の揺れ)を含んだアナログ信号を、安定した信号に補正しデジタル変換するので、もとのアナログ記録の映像をさらに高画質にデジタルダビングが可能。
  • 「モーションアクティブノイズリダクション」
       高度な動き予測によって画素対象の動きを追跡・処理することで、動きの激しい映像においてもノイズや残像を大幅に低減させた。
  • 「モーションアクティブプログレッシブ」
       高度な動き予測から補完信号を生成し、ビデオソース(60i)映像は、自然なプログレッシブ映像に変換し再生する。また、プログレッシブ(24p /30p)映像は、インターレースに変換することなくダイレクトに出力し、変換ロスのない高画質再生を実現した。
  • 「ブロックノイズリダクション」「アダマールノイズリダクション」
       再生時のブロックノイズやモスキートノイズを効果的に低減する。
楽しさをさらに拡げる、多彩な快適・簡単機! 能
  • 録画をしながら番組の最初に戻って再生したり! A録画済‚ ンの別番組を見ることができる「追っかけ再生&録画同時再生」機能搭載(DVD-RAM)。また、現在録画中の映像は小画面で確認できる。
  • ディスクに収録されている番組を静止画で一覧表示し、見たい番組を簡単に探すことができる。また、カーソルをあてるだけで、番組が音声付動画で確認できる「モーションサムネイル」を搭載。


Victor <快録LUPIN> DR-MV1 VHSビデオ一体型DVDビデオレコーダーを買った人の感想

使いやすい機械です
評価★★★★☆
後に発売されてたMXと比べると、ハードディスクが無いのが難点ですが「どうでも良い番組は5倍のVHSで、保存したい場合はDVDで」というのが良いところです。この機種が販売された当時、マルチドライブでもDVD-RWのVRモードに対応していないものもあったのですが、この機種はしっかりと対応しています。リモコンは操作にややもたつきがありますが、イライラする程でもありません。VHSからDVDへのダビングを考えて購入するならハードディスクのあるマシンが良く、本機種を選択しないほうが良いでしょう。EPGもありません。

便利だと思ったのは「30秒スキップ」「ちょっと巻き戻し」といった機能が使える事です。CMはほとんどが30秒単位なので、これで飛ばし、行き過ぎたら、ちょっと巻き戻しという方法がとれるので、とても快適です。これはなんと、ビデƒ! Iでも使えます。ハードディスクタイプは高くてという方には、VTR性能もよい本機種をおすすめします。


あまぞん商品ページ



posted by jailbutrefu at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。