2005年09月03日

システム英単語 Ver.2についてのブログです。



システム英単語 Ver.2

参考価格:¥ 1,000
価格:¥ 1,000
ユーズド価格:¥890
人気RANK:1,193
リリース:2005/02
カテゴリ:Book
※注意:商品価格には変動があります。


商品について


システム英単語 Ver.2を買った人の感想

カバーを外すと洋書みたいで格好いい
評価★★★★★
・単語が網羅されている
   著者は手作業で入試問題を分析し、よく出現する単語のみが収録されています。今まで「頻出」とされていながら実は滅多に使われていない単語などは、収録されていません。他の単語帳のように、数合わせで不要な単語を入れたりということもありません。
   
・意味・用法も頻度順になっている
   例えば、"interaction"は「相互作用」ではなく「人との触れ合い・交流」というように、英文の中でよく使われる意味が優先して載せられています。他にも、受動態で使われるものは受動態の形で、現在分詞で使われるなら現在分詞の形で、例文になっています。
   
・コロケーションが強—! ヘ
   "complain" なら"complain about"というように、一緒に! 使われる 前置詞が示されているので、単語集で「不満を言う」という意味を覚え、熟語集で「complain about 〜 = 〜について不満を言う」を覚えるといった2度手間を省くことができます。
   
・連語・派生語・注意点などが充実している
   "complain"(動詞・不満を言う) の項には "complaint"(名詞・不満) というように、重要な派生語が載っているので、セットで覚えてしまうと効果的です。発音・用法上の注意なども、間違えやすいものはちゃんと注意書きが付いています。
   
このように、何でも頻度順に並んでおり、コロケーションや注意書きが他の単語帳と比べてかなり豊富です。「本当に使われる形で載せる」というポリシーが徹底されています。

本書のもうひとつの特徴である「ミニマル・フレーズ」については、人によっては単調で覚えにくく感じることもあります。私も最初はそうでしたが、慣れてしまえば気にならなくなりました。これは人それぞれなので、ホームページ(http://www.stagedirect.jp/~fi/linkp02.htm)でサンプルを見てみるとよいと思います。

使用法としては、まず第2章までを一気に覚えてしまうのがよいです。これで、セƒ! 塔^ー試験レベルの英文なら、知らない単語が多すぎて読めないといったことはなくなるでしょう。第3章以降は余裕ができてからでも十分です。

1番オススメの単語集
評価★★★★☆
この単語集のよさは他のレビューで分かると思うので、他の単語集からの比較でシス単のよさを説明します。

まず速読英単語と比べて、速単は、長文が良いように思われるが、あれは無意味に感じる。長文に単語が入ってる感じ。つまり長文メインに感じる。それに比べてシス単は、ミニマルフレーズという単語の用法を必要最小限の単語数で載せているため、非常に覚えやすい。また、フレーズごと覚えることもそれほど苦ではないため、初心者の人にも充分やっていける。フレーズごと覚えれば、英作にも有利に!

次にターゲットと比べて。あれは定番となっているが、覚えやすくするための工夫が全くなされていない。もし友達に持っている人がいたら聞いてみるといいと思います。殴り書きで暗記って人も結構いるのではないでしょうか。その点、やはりシス単のミニマルフレーズが有! 効ではないかと思う。

知っている単語でも、「こんな意味もあっ‚! スんだぁ vと人目ですぐ分かる構成になっているので、英単語の勉強がしやすいと思います。
うちの高校はこれを推進していました。
勉強法としては、覚えたら、1週間に1〜2度は見直した方がいいと思います。よく一通り終わったら2周目に入る人がいますが、それよりかは定期的に見直した方がいいと思います。
一気に全く知らない語を100語覚えたら、1ヶ月たったころには少なくても3,4十語は忘れてると思います。だから、定期的に、しつこい!!と感じるくらいまで後戻りしてください。
大体1週間に150〜200語ぐらいを覚えるペースで、その週に2回は見直し、月末にはその月に覚えたところを復習、ってな感じでいいと思います

覚えやすさが全然違う!
評価★★★★★
今まで英単語が覚えるのが嫌いで、苦痛でした。
そんな私が、別売りCDと一緒に使ったら、驚くほど頭に入るではないか!
そして覚えた単語が、この前の模試に出て、その単語を見たらミニマムフレーズが頭に浮かんで、そこから単語の意味が思い出されました。
ミニマム! フレーズを覚えれば、自動詞か他動詞かが分かりますし、英作文でも使える表現(労働組合、政治改革など)がたくさんあります。

お勧めの使い方は、別売りCDと一緒に使うことです。
CDは?単語→?ミニマムフレーズ→?日本語訳→?ミニマムフレーズ→?ミニマムフレーズの順で読まれるので、まず、???はとりあえず聴いて、??はCDに合わせて発音する。
そして、それを何回かやったあとは、覚えたかテストします。?が読まれたあと、ミニマムフレーズが言えるかどうかを確認する。
これで覚えていなくても、何回か繰り返していくと覚えるはずです。

他の単語帳を使っている人と必ず差をつけられると思います。とにかくお勧めです!


あまぞん商品ページ



posted by jailbutrefu at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。